建造物のたびれぽ

人間は塔に何を求めているのか  明治末から昭和前半期あたりに活躍した作家、知識人が、関東大震災で失われた「江戸情緒」を追慕する随筆・評論を集めた「失われた江戸を求めて」(古典教養文庫Kindle版)が面白い。明治期に奔流・・・ 続きを読む

 前回の「たびれぽ」で、「日本の軒(のき)、庇(ひさし)」が家の中に「暗さ」や「陰翳」をもたらし、それが日本独特の文化を創り上げる一つの要素だったのではないか、ということを取り上げた。今回は、その家の中の「あかり」につい・・・ 続きを読む

 日本建築の特徴のひとつに軒、あるいは庇があるという。  建造物を撮影しようとすると、この軒、あるいは庇がその建造物の造形全体に大きな影響を与えており、それをどう取り込むかが構図決定の重要な要素となる。日本建築の軒や庇は・・・ 続きを読む

 蔵で、ふと、思い出すのは、学生時代のことだ。もう40年も前になるが、江戸末から明治、大正当時の農村経営について研究するため、大学の指導教官の御供で史料を探しに、静岡県下の篤農家だった旧家を訪ねた時のことだ。東海道線の最・・・ 続きを読む