日本スリーデーマーチにっぽんすりーでーまーち

⽇本スリーデーマーチは、例年3⽇間で延べ8万⼈を超える参加者があり、世界第2位、日本最大のウォーキングイベントである。1978(昭和53)年から第2回までは群⾺県新町で⾏なわれたが、3回⽬以降現在まで、ずっと東松⼭市で⾏なわれている。
 開催地が東松⼭市に移ってからは、10kmや5kmの短いコースをつくったり、⼩中学校の⼦供たちを参加させたりしているのが特徴である。
#

みどころ

5kmから50kmのコースの長さ、自然度などの特徴あるコースを複数用意して、参加者が希望するコースに応えている。東松山市域を超えて、武蔵野の自然の良さを満喫できるように工夫されている。
 東松山市のスリーデーマーチは、名称に「日本」となっているように、歴史的にも規模的にも日本を代表するウォーキングのイベントになっている。
関連リンク 東松山市(WEBサイト)
参考文献 東松山市(WEBサイト)
朝日新聞「歩く「祭典」四半世紀、大会史を振り返って」(2002年10月8日)
朝日新聞「初日「和紙の里・嵐山」に2万2434人」(2018年11月3日)

2020年04月現在

※交通アクセスや料金等に関する情報は、関連リンクをご覧ください。