南越谷阿波踊りみなみこしがやあわおどり

毎年8月下旬の金曜日から土曜日にかけて、南越谷駅周辺で開催される祭り。7月下旬にプレ、9月中旬にアンコールの阿波踊りが開催される。
 市内在住の徳島県出身者の住宅建設会社社長が、郷里の阿波踊りを通じて、地元南越谷の人々に「ふるさと意識」を呼び起こし、地元が誇れる「文化」を醸成しようと、1983(昭和58)年に徳島から指導者を呼び、1985(昭和60)年に第一回の南越谷阿波踊りが始まった。
 年々規模は大きくなり、最近では、約80連が参加し、約75万人の観衆が集まる大規模な祭りとなった。毎年招待する徳島・高円寺とともに、日本三大阿波踊りの一つといわれるほどに発展した。
#

みどころ

阿波踊りは徳島が本場ではあるが、各地で開催されている同様のイベントでは、継承された踊りや音楽が、しっかりと伝統を守っているか、さらに発展しているか、参加団体のレベルがしっかりと守られているかが、評価のポイントになる。民謡も次々に伝播して今日の姿になっている。その点、南越谷の阿波踊りは正調阿波踊りを追及しており、日本三大阿波踊りの一つにふさわしい。(溝尾 良隆)
関連リンク 南越谷阿波踊り(一般社団法人 南越谷阿波踊り振興会)(WEBサイト)
参考文献 南越谷阿波踊り(一般社団法人 南越谷阿波踊り振興会)(WEBサイト)

2020年04月現在

※交通アクセスや料金等に関する情報は、関連リンクをご覧ください。