南牧村は、群馬県の南西部に位置し、西は長野県佐久市、佐久穂町に接する。南北を山地に囲まれ、村のほぼ中央を鏑川支流の南牧川が西から東に流れている。森林が総面積の約9割を占めている。村域の一部は妙義荒船佐久高原国定公園に属する。
 南牧川とその支流に沿って集落が点在している。かつて農業の中心はこんにゃく・養蚕だったが、価格の低迷等により急激に減少し、菊を主体とした花卉類、ブドウ、リンゴ、ゆず等の果樹類、インゲン、オクラ等の野菜類を生産するようになった。林業では、間伐材を有効活用した炭製品が注目を集めている。
 村内には、蝉の渓谷、三段の滝をはじめとした滝、約10万株のカタクリ群生地「六車カタクリこみち」などがある。

観光資源一覧

黒瀧山不動寺の写真

黒瀧山不動寺 (群馬県 南牧村 )

標高870mの黒瀧山に立つ山岳信仰の霊場。上州南牧谷の奥深い黒瀧山の岸壁から滝しぶきの舞う所にあり、山門から不動堂、本堂、黒瀧泉、そして開山堂とつづく。江戸時代前期の1675(延宝3)年、徳川綱吉が帰依した潮音禅師によって中興開山された。  行基作と伝わる不動明王を安置し、厄除けの不動の霊場として千余年の歴史を重ねる静寂幽玄...