ポーラ美術館ぽーらびじゅつかん

「箱根と自然と美術の共生」のコンセプトのもと、ポーラ創業家二代目・鈴木常司が1950年代後半から40数年にわたり収集したコレクションを有する美術館として、2002(平成14)年9月に開館した。コレクションは約1万点にのぼり、19世紀フランスの印象派を中心とした西洋絵画や日本の洋画、日本画、版画、彫刻、東洋陶磁、日本の近現代陶芸、ガラス工芸、化粧道具など多方面にわたる。西洋絵画は、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ピカソなどの作品を含む。常設展示のほか、各種の企画展示、講演会、ギャラリートークなどの普及活動を行っている。
 建物は森と調和するよう設計され、屋外には自然と親しむようブナやヒメシャラ*などが見られる遊歩道(全長670m)も整備されている。また、館内にはレストラン、テラス、カフェ、ミュージアムショップがあり、ゆったりと過ごすことができる。
#

みどころ

森の中にある美術館として、建物は自然と調和するように配置されている。アクセス道路と正面入口(エントランス2階)を結ぶ通路では箱根の自然を感じることができ、ガラス窓のあるエントランスは開放感を感じられる。館内はバリアフリー構造となっており、誰もが作品を楽しめる。
 展示室では、世界的に有名な画家や日本を代表する画家の作品が展示されており、箱根というリゾート地において本物の芸術を堪能できる。一方、屋外の遊歩道では、富士箱根伊豆国立公園の自然を満喫することができる。(牧野 博明)
#

補足情報

*ヒメシャラ:ヒメシャラは、サルスベリに似たツバキ科の植物で、箱根山は自生のほぼ東北限にあたる。神社裏山のものは120本あまりの純林を形成しており、6月末から7月初めにかけて2cmくらいの白い花をつける。
関連リンク ポーラ美術館(WEBサイト)
参考文献 ポーラ美術館(WEBサイト)

2020年04月現在

※交通アクセスや料金等に関する情報は、関連リンクをご覧ください。