嬬恋村は、群馬県の西北部に位置し、西は長野県高山村、須坂市、上田市、南は東御市、小諸市、御代田町、軽井沢町に接する。村の東部を除く外周には、浅間山・湯の丸・吾妻山(四阿山)・白根山などの山々が連なり、日本の大分水嶺をなしている。
 村の中央部を西から東に吾妻川が流れ、集落の大部分はこの流域に散在している。地質は火山灰土の腐食土壌が多く、高原野菜の適地となっている。キャベツ、レタス、ジャガイモ、豆類の栽培が盛んである。
 春から秋にかけてはシャクナゲ、レンゲツツジ、コマクサやリンドウなど様々な高原植物が咲き誇る。中心集落の大前までJR吾妻線が通じ、鹿沢温泉、新鹿沢温泉、万座温泉や鬼押出しなどの観光地が多い。夏は避暑、冬はスキーの客で賑わう。浅間山噴火で形成された浅間山溶岩樹型は国の特別天然記念物に指定されている。

観光資源一覧

湯の丸高原レンゲツツジ群落の写真

湯の丸高原レンゲツツジ群落 (群馬県 嬬恋村 / 長野県 東御市 )

湯ノ丸山の地蔵峠付近標高1,600~2,100m前後とその山麓の高原に、6月下旬約60万株のレンゲツツジが開花する。レンゲツツジは群馬県の県花である。  この群落は明治時代に始まった牛の放牧により、湯の丸地域が草原化してできたといわれる。牛はレンゲツツジを食べないため、草原一面がレンゲツツジの花畑になったという。1956(昭和31)年...

万座温泉の写真

万座温泉 (群馬県 嬬恋村 )

草津白根山と万座山との谷間にある標高1,800mの温泉。ツガ・ダケカンバの原生林に囲まれ、静かな高原保養地といった趣で、温泉街の雰囲気はない。志賀・草津・長野・軽井沢とは国道・有料道路で結ばれている。  土器をはじめとする出土品から、弥生時代にはこの地に人の住居があったと推測されている。温泉としての記録は古く*、1560年代...

鎌原観音堂の写真

鎌原観音堂 (群馬県 嬬恋村 )

1783(天明3)年の浅間山大噴火の時に、鎌原村(現在の嬬恋村の一部地域)を埋め尽くした浅間山噴火土石なだれから残った唯一の建物。大噴火の土石なだれは、時速100km以上のスピードで火口から12km離れた鎌原村を襲い、村は5~6mの深さに埋もれた。  災害前の観音堂は村から石段で50段上がった場所にあった。その階段を駆け上がって助かっ...

嬬恋村のキャベツ畑の写真

嬬恋村のキャベツ畑 (群馬県 嬬恋村 )

嬬恋村の広域農道「つまごいパノラマライン」の沿道に展開する約3,000haのキャベツ畑。標高700~1,400mの高冷地で栽培されており、夏の昼夜間の温度差が大きいため美味しいキャベツができる。キャベツの作付面積を夏の嬬恋村のキャベツ農家戸数で割ると、農家1軒でおよそ5haとなる。これは東京ドーム1個分の面積にあたる。  7~10月が出荷...